読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パチスロ回胴録

スロットの解析や実践ブログなどを載せております。

パチンコパチスロに遠隔操作はあるのか?

よく店長ボタンを押されたとか、店員がインカムで何か喋ったら当たりが終わったとか、よく言われるパチンコ店の遠隔操作疑惑。

これは本当にあると思いますか?

 

私の結論から言いますと、遠隔操作はあると思います。

まあ、当たり前ですよね。

これだけ技術が進歩してるんですから、出来ますよね。

 

ただし出来るという事と、実際にする事は違います。

ちなみに私が働いている店では遠隔はありませんでした。

 

理由は単純に違法なのと、費用がかかる事の二点です。

まず遊技機の改造は違法で、確率を変えたりする器具を取り付ける事すら御法度です。

バレたら営業停止です。

そしてもちろん設置するのにお金もかかるでしょう。

そんな危険を犯し、お金を掛けてまで遠隔操作を取り付けるメリットは正直ありません。

 

特定のお客様を好きな時に当てたり、ハマらせる事による効果などたかが知れてます。

そんな事をしなくても、ある程度のお客様が来て打ってくれれば店は儲かりますので、大型店になればなるほど、特定の誰が負けようが勝とうがそんな瑣末な事は気にもなりません。

 

もちろん店員に顔を覚えられているお客様はたくさんいます。

良い理由、悪い理由の両面で。 

それが悪い理由ならば、出玉操作はなくてもいざという時にマイナスを被る可能性は当然高くなるので、ある程度のマナーは気をつけた方が良いと思います。

 

結局、遠隔操作はあるか無いかで言うと、「あるだろうけど、ほとんどやってないと思っていい」です。

絶対無いとは言い切れないので、遠隔操作してるとしか思えないような感じの悪い店には行かなければいいですしね。

 ただ遠隔操作ってあるのかな?って気になってる方はそこまで神経質になる事はないと思います。

 

モード狙いは諸刃【キン肉マン 夢の超人タッグ編】

キン肉マンが好きなのでよく打つのですが、低設定しかないのでいつも苦労してます。

 

巷に溢れてるキン肉マンは全て、高層ビルデータ履歴からの即ヤメ台か、400G超えの台にばかりです。

400Gと800Gが特殊高確突入確定なので、そこ狙いのハイエナの餌食になってます。

 

ここで新たな立ち回りとして、高モード狙いを探ってみました。

 

キン肉マンにはモードが4種類あり、上位の高モードだとCZや直当たりの確率が高くなり、前述の特殊高確に100Gや200Gでも行きやすく、さらには当たった時のARTも高モードを選びやすいといい事ずくめです。

 

そんな高モードの見抜き方は、2000万パワーズステージでのヘルミッショネルズ演出の頻度です。

十字架のマークが顔にある被り物をした二人組が、テレビや本に載ってると高モードかもしれません。

テレビはそうでもありませんが、委員長演出の本に載ってると、かなり期待できます。

ちなみに特殊高確に行きやすいのが高モードですが、300Gや700Gで特殊高確に行くと、高モード確定です。

 

私はこれらを目安に即ヤメ台を漁っていました。

すると「本に載ってる演出」が二回出た上に、2000万パワーズ以外のステージでもテレビからヘルミッショネルズが出現しました。

本は最高モードでも出現率は1/500なので、かなり期待できますし、2000万パワーズ以外での出現は初めてみました。

さらに100Gと200Gで特殊高確に入ったので、これは!と確信して打ち続けました。

 

確かに高モードらしくCZには入る。

でもCZが成功しねー!

明らかにレア小役の出現率が悪い!

表で見ると設定が良いほどレア小役の出現率は高くなるんですが、微々たる違いです。

その設定1を下回る出現率に苦しめられました。

 

結局、800のゾーンまで連れていかれた挙句の

ようやく当たったARTは単発。

たしかにARTの継続バトルで味方側の攻撃が二回あったのでモードは良かったのかもしれませんが、結局バトルでタッグ図柄を止められないと負けます。

 

高モード狙いは結局、設定が大事だと痛感しました。

 

キン肉マン 夢の超人タッグ編】

投資 22000円

回収 150枚

−19000円

感想評価【獣王 王者の覚醒】サミーのA+ART全部同じ!

サミーの新台【獣王 王者の覚醒】を初打ちして勝手に言わせてもらえば、「A+ARTになって、結局他のサミーのA+ARTと同じ」です。

 

通常はボーナスとCZ当選を目指して、レア小役を引きます。

私はCZに入ってないのでよくわからないのですが、バトルタイプのCZと前作あった獣王ゾーンがあるようです。

 

ビッグボーナスは三択のベルを当てて肉を貯めるゲーム性です。

これも前作と同じですね。

最後に肉の数でARTやCZの抽選を行います。

私は肉7個貯めて何も無しを食らいました。

後で解析見たら期待度70%でした。(攻殻機動隊といい、70%って…。)

 

ARTは獣玉を貯めると上乗せ特化ゾーンに入ります。

前作よりノルマが減り、5個で突入する代わりに上乗せ性能は下がってるようです。

前作のダチョウの倍々が無くなったのが残念でした。

私はゴリラで+10、ダチョウで+20でした。(雑魚)

 

ネットの評価は

【低評価】

純増が少ない。

前作のダチョウみたいな夢はない。

リール配列がスカスカ。

 

【高評価】

覚醒での一撃がある。

A+ARTでまったり遊べる。

という感じです。

 

前作の獣王は好きだったのですが、A+ARTになってシステムが通常レア小役待ちになってしまった事は残念です。

ちなみにコイン持ちが極悪なのは、他のサミーのA+ARTと同じです。

 

ARTの獣玉獲得や上乗せのメインがベルなのにそのベル出現率は低いという残念仕様。

さらにベルが2連する度に出る、3回目かも煽りがうざったいのも残念です。 

 

こういうシステムの台は結局ARTに入らないとどうにもならないのに、なかなか入らないので私個人はあまり好きではありません。

ただ演出はよく出来ていますし、一撃の性能も高いので、A+ARTの機種の中では良い台だと思います!

感想評価【攻殻機動隊2nd】思い入れが無いと…。

攻殻機動隊2nd】を初打ちして勝手に言わせてもらえば、「特に目新しいシステムはないけれども完成度は高いが、ART中の赤擬似で何も無しはつらい。」です。

 

通常時はレア小役でボーナスかCZの抽選をします。

CZは2種類あり、高確率とエピソード高確率があります。

どちらも全役で抽選していて、成功で高確率ならART突入、エピソード高確率なら個別の11人モードが付いて来ます。

 

ARTも基本的にレア小役待ちです。

個別の11人モードは前作の研究棟ステージのような、15ゲーム固定の上乗せ特化ゾーン高確率です。

白7を揃えられれば上乗せ特化ゾーン「電脳ラッシュ」に入ります。

 

電脳ラッシュは継続率タイプで、タチコマが増えるとその分継続するチャンスが増えます。

この電脳ラッシュで伸ばせれば、攻殻機動隊は、何とかなる感じです。

3ゲームでタチコマの継続率を上げるシステムは面白いと思いました。

私は2セット目の継続率70%で終わりましたが。

 

ネットの評価は

【低評価】

コイン持ちが悪い。

出玉がダラダラ。

CZが重い。

強チェリーで擬似連赤まで行って何も無し。(私も体感しちゃいました。)

 

 【高評価】

 電脳ラッシュは楽しい。

A+ARTになって前作よりは遊べるようになった。

といった感じです。

 

定番のA+ARTタイプなので、分かりやすいと言う安心感はありますが、悪く言えばありきたりです。(最近のサミーの悪いとこです。)

原作好きな人なら、まったり遊べるので良いかもしれません!

ドリスタの罠!【ドリスタせかんど】

仕事帰りにドリスタせかんどを打ってみました。

この日はちょっとイベントだったのと、モンハン月下みたいな感じだったので、趣味打ちでドリスタせかんどに手を出してみました。

 

すると最初の周期で、スナイパイの銅の弾丸で当たり。

しかも出てきたのが3%くらいの青7!

でもモグラに逃げられました。

 

最初の周期を抜けると、液晶左下の星が四つ点灯。

あと一個でCZ。

この機種のCZの期待度は50%なので追いかけてみます。

 

そして天井到達。

星は4個のまま。

罠すぎる!

どうやったら点くんだよ!

 

しかも出てきたボーナスはライブボーナスと言う名のバケ。

モチロン駆け抜けて、獲得30枚。

 

心が折れてしまい、星4個のまま捨ててしまいました。

モチロン速攻でカマ掘られました。

 

あの星はポイント10でCZ突入のようでして、星4個の時点で7ポイント。

ポイントが貯まるには、周期を抜けた時にレア小役でポイントを期待数貯めてないとほぼ貯まらない事が判明しました。

たしかに青7あとの十字架ステージで狂ったようにレア小役引いたのにボーナス当たらなかった!

あれでポイントが貯まったけど、その後はコイン持ちもクソみたいに悪いし、何も引けませんでしたわ。

星4個の罠には、みなさん、ご注意を。

 

【ドリスタせかんど】

投資 14000円

回収 0枚

−14000円

 

 

 

感想評価【ドリスタせかんど】新基準らしく軽いけど出ない

ネットの新台【ドリスタせかんど】を初打ちして、勝手に言わせてもらえば、「周期もパターンがあり、バトルボーナスもモンハン月下みたいで面白いけど、ライブボーナス、てめーはダメだ。」です。

 

通常は周期抽選で、四つのステージがあります。

それぞれレア小役抽選や、小役の連続、ステージ突入時など抽選方法が違うので面白いですが、「さっきのステージでレア小役来いよ」や、「さっきはしないで、このステージで小役連続するの?」っていうジレンマもあります。

 

CZは周期抽選に失敗するとポイントの抽選をし、ポイントが10ポイント貯まると突入します。

ポイントは液晶左下の星で示唆します。

ポイントはCZ当選するまで持ち越されるのは良いです。

期待度は50%なので、追う価値はあります。

 

擬似ボーナスのバトルボーナスはモンハン月下のように敵のモグラの体力をベルやレア小役で減らし、倒せればボーナスストック確定です。

モンハンほどいろいろな事は起きないので、演出は単調です。

30ゲーム+αなので、70枚くらいしか増えません。

青7揃いのスペシャルバトルは武田モグ玄との50ゲームのバトルで倒せればストック3個以上確定ですが、出現率は激低です。

ちなみに勝率は50%、けっこう倒せません。

 

赤赤バーのライブボーナスは1セット20ゲームの擬似ボーナスで、継続率でセットが続きます。

しかし基本、継続率は5%です。

またレア小役でもストック抽選してますが、強レア小役じゃなければほぼ空気です。

 

 ネットの評価は

【低評価】

出玉が少ない。

周期で当たる気がしない。

Aタイプじゃない。

【高評価】

天井が低く、コイン持ちも良い。

ガチャは楽しい。

です。

 

コイン持ちが良くて天井が浅いと言うと、ロストプラネットを思い出しますが、この台は一個一個のボーナスでの獲得枚数が少ない分、連チャンはする感じはします。

それにライブボーナスの絶望感はやばいですが、継続した時の期待感はでかいです。(80or90%なので)

ガッツリは出ませんが長時間ダラダラ楽しめる台だと思います。

 

 

 

感想評価【パチスロキン肉マン 夢の超人タッグ編】初代のダメとこ継承しちゃった。

パチスロキン肉マン 夢の超人タッグ編】を初打ちしまして、勝手に言わせてもらえば「1番嫌いなシステム、このフラグを引くなを復活させるとは!」です。

 

通常のシステムは、「同じレア小役を連続で引く。」というものです。

まずレア小役を引くとそのレア小役対応のステージに行き、そこで対応のレア小役を引くとCZなどの抽選をするというものです。

 

これの評判が悪い悪い!

打ってみるとわかりますが、対応じゃないレア小役引いた直後に、さっき対応だったレア小役を引くとストレスがすごいんです。

そんなストレスを耐えつつようやく2回レア小役を重ねても、低設定だとほぼスルー。

3回連続でようやくチャンスという苦行です。

 

この抽選とは別に特殊高確という状態が100G毎に抽選されています。

この特殊高確対応のはぐれ悪魔超人ステージに行ったら、そこで引いたレア小役は2回連続で引いたのと同じになります。

 

CZは2種類あり、火事場の糞力と友情復活があり、どちらも50%の期待度です。

火事場CZは5Gでレア小役で100%、リプレイで66%でクリアします。

友情復活CZは抽選はよく分かりませんが、こちらもレア小役で大チャンスみたいです。

 

そしてARTは1/40のTCを引くまでセット継続します。

初代のクソシステムの復活です。(初代は本物ボーナスでしたが。)

とにかくTCのヒキでかなりゲーム数が変わります。

単純に引かない方がARTのゲーム数が長くなり、獲得枚数も増えるしストックの抽選も多く受けられるので得ですが、早く引いてしまった時の救済もあるということですが…。

 

この継続バトルで最も大事なのが、中リールにタッグ図柄が止まるフラグを引くことです。

約1/4で成立するこれを、攻撃した時、もしくはされた時に引ければ継続します!

逆に言えば、引けないと負けます!

一応継続確定バトルや、ストックで継続もしますが、基本は引けるかどうか!

ここでこれを引けが苦手な私には無理ですが、引いた時のドヤ感はクセになります。

(私は単発しか無いので分かりませんが。)

 

ネットの評価は

【低評価】

小役2回引けずにイライラ。

ART始まって2G目のバトル目から負けた。

【高評価】

出る時は出る。

新規書き下ろしのOPが良い。

です。

 

ARTに初代のあのボーナス当てたらいけないシステムを持って来た時点で私は無いです。

初代のおかげでART中と通常中のボーナス確率が同じと思えず、疑心暗鬼に陥り、このシステムの台全てが苦手になりました。

 

タッグレア小役システムは面白いシステムなんだから、もっと重くして一回でチャンス、2回で大チャンスにすれば良かったと思います。

タッグって言っておいてレア小役3回目が大チャンスなのは、なんかね…。

もしくはレア小役回数天井(番長3のベルみたいな)があれば、あそこまでレア小役のヒキ損感で低評価にならなかったと思いました。

 

でもキン肉マンは大好きなので、個人的には将軍様を倒せるまでは打ちたいと思いました。