パチスロ回胴録

スロットの解析や実践ブログなどを載せております。

評価感想【バイオハザード リベレーション】演出は山佐のバイオだけど、中身はバジ絆システム

エンターライズの新台【バイオハザード リベレーション】を初打ちして勝手に言わせてもらえば、「演出が山佐のバイオで懐かしかったのに、中身のシステムはバジ絆で残念」です。

 

通常はモンハン恐竜に懲りずに、バジ絆システムを採用しています。

結局レア小役待ちなので、基本的に退屈です。

 

今回のバイオは、演出が山佐のバイオに似ています。

レバーオンの度に色んな部屋に入ったり、敵が襲ってきたりするので、いつもと違う部屋に行くとチャンスだったりします。

しかしこの演出はレアリプレイと通常リプレイが最後までわからない山佐のバイオだから活かせていたと思います。

今回のバイオは滑ってレア小役があるので、第1停止でレア小役だと分かってしまう方がおおいんですよね。

またリプレイでの当選は当たってるといつもと明らかに違う演出が起きるのですぐわかってしまいました。

 

さらにボーナス図柄を狙って揃えないといけないのに、前兆演出が無駄に長いのも残念です。

ボーナスが当たっているとリプレイ確率が上がるようなのですが、リプレイ連が途切れても演出が無駄に続くのでイライラしてしまいました。

 

その他にもクソ重い強チェリーなどを引いて、ボーナス重複してなかった時の恩恵の無さ、無駄ヒキ感もマイナス要素です。

 

しかし戦慄状態という高確率はプラス要素です。

ここでボーナスを引くと約50%でARTに当選するのですが、この戦慄状態はレア小役を引かなくても入ります。

もしかしたらバジ絆のようなモードがあって、それでリプレイとかでも入りやすくなるのかもしれません。

 

CZはあるのですがかなり重いようで、一日打ったのですが私は入りませんでした。

ARTのメインはボーナスで、当選してるかどうかをボーナス後の演出で告知します。

この時にボーナスを引くとART当選するのは良いシステムだと思いました。

 

ARTは40GワンセットのSTタイプですが、継続確定した後はゲーム数上乗せタイプになる変則ARTです。

上乗せしたゲーム数は継続出来なかったセットのゲーム数が無くなってから消化になります。

 

このSTはまずSTをかけたパンデミックバトルを引いて、さらにそこで勝たないと継続にならないという番長3のようなシステムです。

絆のようにそのセットならいつ引いてもチャンスという訳ではないので、小役を引くタイミングが絆以上にシビアです。

 

さらにARTにはレベルがあり、このパンデミックバトルへの突入率が変わってきます。

低いレベルだと、最後までパンデミックバトルに入らない事もザラです。

一応救済で必ず一回はパンデミックバトルに入るみたいですが、一回では焼け石に水です。

(私は1番上のステージで、6回バトルに入って全部負けました。) 

 

初打ちではほぼ単発だったので、上乗せ特化ゾーンやプレミアムARTに入っておりませんので、そこの感想は解説できません。

 

ただボーナスの獲得枚数が他の絆システムの台より多いので、ARTの一撃性能は高いようです。

 

ネットの評価では

【低評価】

通常がつまらない。

設定6の機械割が低い。 

中段チェリーの確率と恩恵があってない。

 

【高評価】

研究所でボーナスならART確定なのは良い。

一撃がバイオ6より期待出来る。

 

です。

 

総評としては、わざわざバイオ5や6のシステムを絆システムに変える必要はあったのか?という感じでした。

リベレーションだから変えてみたんだったら、演出だけでなく中身も山佐のバイオに似せれば良かったのにと思いました。

やはり山佐のバイオは名作でしたから。

 

ARTの継続システムもSTだけじゃなく継続率もあるようにして欲しかったですね。

パンデミックバトルに勝てなかったら、ゲーム数0になった瞬間、望みもなく即終わりなので。

 

しかし通常中戦慄状態にいきなり入るシステムは、モードや設定を予測出来てその点は楽しいと思いました。

演出も山佐のバイオを知ってる方は懐かしく、知らない方は斬新に感じると思いますので、ぜひ一度は打ってみて下さい。

評価感想【熊酒場二丁目】単純だけど馬鹿らしい分、面白い

ネットの新台【熊酒場二丁目】を初打ちして、勝手に言わせてもらえれば、「単純なAタイプだからこそ、当たった時や大当たり中、終わった後の演出のバカらしさが面白い」です。

 

とにかく、液晶前の扉が開けば大当たりです。

重複がメインなので、小役を引くと扉がガタガタすればするほどアツイです。

おそ松さんと同じ演出システムでハズレが出た瞬間告知するタイプなのですが、ガタガタ具合で期待度が変わるので、当たってない時にむやみに期待を煽られない分、精神的に良いです。

 

ビッグとレギュラーしかない単純なAタイプですが、告知画面や大当たり中、終了後に多くの設定示唆があるので、設定を推測する楽しみがあります。

また演出がとてもバカらしく、ビッグ中のセリフは思わずクスリと笑ってしまいます。

ボーナス中の歌も6曲あり、新曲もしっかり作られています。

 

またAタイプなのに設定6で119%の機械割を持っているのも魅力です。

掴んだ時は大量メダルにも期待できますが、導入台数が少ないので、ほぼ見かける事は無いでしょう。

 

Aタイプの割にコイン持ちが悪いですが、その分大当たり確率は低いので、低設定でも一撃はあると思います。

逆に低設定なのに遊べる確率は低いと思われます。

 

ネットの評価は

【低評価】

回らない。

音量調節が欲しかった。

 

【高評価】

設定6がすごい。

設定判別が分かりやすい。

 

です。

 

総評として、Aタイプなのに設定6の機械割の高さと、演出が分かりやすく笑えるのが高評価でしたね。

実際打って、リプレイだけでなく、ガタガタして何も揃わなかったらいきなり当たってたパターンなどあって面白かったです。

【番長3】轟レベル1は単発必至。

最近番長3の対決が本当に勝てません。

特に確定対決がほぼ無いART中の対決は、ベルを引くくらいでは暖簾に腕押しです。

 

本日の事ですが、設定1否定の清水寺が出現した台を1日打ち切りました。

 

赤カットインはもちろんの事、

弁当、チェリーを引いても、

メンコでのデカメンコも

バドミントンの強カットインも

ラグビーの3人タックルも

調理実習の強パターン2回も

相撲の高見盛ポーズも

それぞれの強対決でベルを引いても、

そしてイワオの調理実習でベルを引いても、

 

負け。

 

イワオの調理実習に至っては2日続けて負けました。

一回くらいなら負ける事もあるかもしれませんが、ベル引いても負ける奴っています!?

2回目の負けは通常中で、さらにサキのメンコで赤カットインもスカったら、キッチリ天井に行きました。

そして天井からのARTで、ノリオの調理実習で赤カットインをスカって単発。

赤カットインすらも二回連続で外す負けっぷり。

 

本日、ART初当たりが7回あり、このART中に勝った対決がチャッピーのラグビーと、マダラの調理実習の二回のみです。

こんなヒキ弱が勝てるはずがありません。

それなのにART引き戻しは7回中、2回というヒキの偏り。

 

最近番長3を打っていると、北斗の拳転生を思い出します。

何引いても負けまくる轟が、何引いても負けまくるケンシロウとオーバーラップしました。

おそらく番長3にも轟レベルがありますね。

轟レベルが4の時はベル引かなくても勝ちますから。

 

あと轟レベルが低いと豪大寺への道に迷いまくります。

本日初当たりが7回、3セットまで行ったのが3回中、豪大寺に行ったのは2回のみ。

方向音痴が過ぎる!

 

ベルカウンターが32超えたのは2回だけだったので、おそらく設定2か4でしたが、設定不問をやらないと鬼負けるのは、歴代番長と変わりませんな!

轟、特訓しとけ!

 

【番長3】

投資 47000円

回収 200枚

−43000円

 

【番長3】設定5濃厚の演出が出た、番長3を打った結果!

番長3でART終了背景で金閣寺が出ると、設定5が濃厚と言うことで、出た台を終日打ち切った結果、

 

−45000円

 

でした。

 おい、金閣寺背景!

 

ある程度設定が期待できるイベントに行った時、前日に万枚出ていた番長3しか取れなかったところから始まりました。

 

当然下げだろうと何も期待していないところ、初対決は当然負け、500ほどハマったとこで初当たりしました。

これが謎連含み7連したんです。

 

続いて300くらいで当たった頂ジャーニーは二連だったのですが、ここで問題の金閣寺背景が出現しました!

 

前日万枚出てて、今日も期待できるイベントで、金閣寺

もしや設定5を据え置いてるのか!?

と、色めき立ちましたが、まだ設定5らしい挙動はありません。

ここはあくまで設定5「濃厚」であることを踏まえて打ち続けようと決めました。

金閣寺背景は、設定5が5%、設定36が0.5%、設定1が0.05%、設定24は0%らしいです。)

 

しかしここで奇数設定の洗礼、モードAラッシュと単発6連をくらい、一気に負債が−45000円になりました!

 

とにかく豪大寺対決に勝てず、終日打って番長ボーナス2回!

設定5だとしても、絶頂来るわけない。

 

そして通常番長ボーナスは0、チャンスチェリーも0。

いったいどこが設定5か!

 

結局設定5で、設定差があるとこが引けなかったか、設定13で薄いとこを引いたかわからないまま、負けてしまいました。

皆さんも金閣寺だけはお気をつけください。

 

【番長3】

投資 45000円

回収 0枚

−45000円

 

評価感想【サイコパス】劣化テラフォーマーズ

京楽の新台パチスロサイコパス】を初打ちして勝手に言わせて貰えば、「原作のファン以外への売りは何ですか?」です。

 

通常システムは同社のテラフォーマーズと同じ、本物ボーナスを使ったバジリスク絆システムです。

バジリスク絆以外全てコケている、このシステムを再び使う時点でかなりヤバい台です。

 

ボーナスは全設定共通の確率で同色が高設定ほど出やすい感じです。

 

ARTは初回ゲーム数が100Gなので、そこは評価できますが、それ以外は全てマイナスでしかありません。

テラフォーマーズでは無かったART準備中があり、しかもハマった場合相当メダルが減るのに、恩恵はありません。

純増2枚となってますが、ボーナス込みです。

しかしそのボーナスを引くと準備中で減らされるので、そこを含めると実際の体感は純増1.3枚くらいでした。

 

テラフォーマーズになかったCZを入れてますが、ボーナス後にしか出てこないので結局ボーナス待ちです。

しかもゲーム数の天井を無くしているので、ボーナスが引けないとただ単に地獄です。

 

演出もレバーで強演出待ちでしかない上に、ボーナス当選で小役確率は上がらないのに無駄に演出は長いので、コイン持ちが悪いだけに無駄にメダルを使わせてやろう感が満々です。

 

ネット上の評価は

【低評価】

上乗せ特化ゾーン準備中にボーナス引いたら、何の抽選もしない。

ARTのCGがショボすぎ。

上乗せ特化ゾーンで上乗せ0がザラ。

通常がつまらない。

 

【高評価】

万枚出た。

 

と、高評価がほぼありませんでした。

 

打った感想はこの台を作った意味がわからないと言う感じでした。

原作ファンにもキツいんじゃないかという、淡白な演出。

さらにART中のショボいCGは絶対にファンは納得しないと思います。

自分がこの原作のファンなら怒るだろうなと思うくらい、この原作の魅力がさっぱりわかりません。

万枚が出ているみたいですが、出ている時も演出が単調でキツいという事でした。

 

ジャグラーみたいに演出が無くても人気の機種はあるのに、この台は演出があって退屈とはすごい台です。

さらにシステムも目新しさも良いところはありませんので、本当にこの台を作った意味が分からないとしか言えませんでした。

感想評価【テイルズ オブ シンフォニア】CZで天井クリアー

北電子の【テイルズ オブ シンフォニア】を初打ちして、勝手に言わせてもらえば、「原作を元にした演出は秀逸だが、過剰。そして重いボーナスと重いCZをモノにできないとARTが遠すぎ!」です。

 

よくあるA+ARTのパチスロです。

ボーナスが約1/500と重い分、ARTやCZの期待度は高い機種です。

またCZが始めの10GでARTの初期ゲーム数を決めてから、当否の抽選を行うタイプなので乗せたゲーム数によって熱くなれるシステムです。

 

このCZの当否の抽選は、通常リプレイを4連続で引くと負けというSTタイプです。

敵は複数いて、キャラによって体力が違うタイプです。

これはART中のストック抽選でも使われるシステムです。

 

しかしこのCZが曲者で、なんと天井までのゲーム数をクリアするのです!
CZでデータランプは上がらないので、天井狙いする時は液晶のゲーム数を確認しなければいけません。

 

またこの台は、演出が原作に忠実に出来ているのでファンには嬉しいのですが、演出バランスがかなり大味です。

とにかく過剰で、他の機種でレア小役対応演出のような派手な演出をハズレでもバンバン出してきます。

何か起きてる感が永遠に続き、ようやくレア小役を引いたら赤セリフもガンガン出ますが、何も当選してないのは当たり前です。

そういう演出バランスと思って打たないと、心をやられる台です。

 

ネット上の評価は

【低評価】

CZで天井リセット。

演出が無駄に派手。

赤セリフでも何も当たってない。

ボーナス当否が中押しですぐ見抜ける。

【高評価】

CZ経由のARTが3桁が結構ある。

 

といった感じです。

 

CZでの天井ゲーム数リセットはかなりのマイナスですね。

それなのにCZもボーナスも重いのに、ARTは継続タイプではないので、楽勝で駆け抜けます。

それでいて演出バランスも悪いとなると、原作のファン以外にはなかなか打ちづらい台と言えます。

【考察】番長3がヒットした理由

新基準ながらホールのメイン機種になりつつある、【番長3】。

ここまでヒット機種になった理由は多くあります。

演出の作り込みや、高設定域の機械割の高さなども理由の一つでしょうが、一番の理由はゲーム数を意識させないシステム、ベルカウンターシステムだと思います。

 

これは【北斗の拳 転生】にも同じ理由が当てはまります。

北斗転生のヒットの理由は勝舞玉システムではなくあべシステムなんです。

 

ベルカウンターと対決という名のCZにより、番長3はゲーム数を意識せずに通常ゲームを回す事が出来るので、スロプロではない一般のお客さんに打ちやすい状態を作り出します。

転生にも言えるんですが、いつの間にこんなゲーム数になってたと思わせられる機種は、ヒットする傾向にあります。

最近の機種でいうとG1優駿倶楽部などもそうですね。

 

もちろんそれ以外にも良い要素がありますが、私が番長3で最も評価するのは、このベルカウンターシステムです。

比較的出現しやすいベルの回数で、必ず突入する対決が実はCZだというシステム!

この対決をCZと意識させない演出と、対決突入時でも期待させつつ、がっかり対決でもレア小役やベルでけっこうな確率で逆転し、ダメでも小役さえ引いてれば、特訓でもう一回チャンスもあるという期待感。

通常にスキが無さすぎます。

 

あのベル回数の振り分けも絶妙ですね。

7、15回は多めにベルを引いちゃうとつい回してしまいますよね。

それでいて32まで行ったら、ほほ47で対決に行くのて打っちゃうし、万が一深いところなら中対決以上になります。

さらにベルカウンターと完全に別のレア小役での対決抽選もあり、それで当たればART中にベルカウンターを引き継ぐという、抜かりのないシステム。

レア小役待ちしかない、他の機種も見習うべきだと思います。

 

 

まだまだ人気は衰えない番長3、一番推してるベルカウンターシステムは設定にも直結する部分が多いと思います。

つまりよくベルが来て、ベルが少ない回数で対決に行き、その対決で当たる台は、単純に良い台だと言えます。

ぜひ立ち回りにもご活用下さい。