パチスロ回胴録

スロットの解析や実践ブログなどを載せております。

角?角2?角3?座るならどれ?

いわゆる角、角2、角3と言われる場所はいったいどれが一番期待できるのでしょうか?

 

角は目立つので出玉アピールにはもってこいの場所です。

イベントなどでここが出ていると、初めて来たお客様にも出すお店だと思わせる事が出来ます。

これが角に設定を入れる理由の一つですね。

ただ角は開放的な席なので、誰もが座りたがります。

電車の席もみんな角に座りますよね。

だからこそ、角は低設定でも打ってくれるのでここには設定を入れない可能性も高いです。

多くの人が座るからたまたま出る確率も上がるので、角が出てる(ように見える)だけかもしれないのです。

 

 

では逆に誰もが座りたがらないのはどこかと言うと、角2です。

ほぼ人が隣にいる席に、好んで座る人は多くありません。

男子トイレの小便器で他が空いているのに隣に来る人はほぼいません。(いたら恐れを感じるほどです。)

そんな座られにくい席だからこそ、角2に設定を入れて空き台にしないと言う考えが、いわゆる角2設定入る説です。

この説のおかげで今では角2が1番早く埋まるようになりましたね。

出玉アピールにもなるので、角2説は有力です。

 

では角3となると、この当たりはその機種の台数によります。

10台なら真ん中よりは出玉アピールできますが、4台や5台なら角3と言うより奥角2、もしくは真ん中扱いです。

そういう観点から角3は真ん中辺りの台と同じ感覚でいいと思います。

 

そして何より1番大事なのは、その店のクセです。

結局、パチンコの釘やスロットの設定は人の手によるものですから、どこに力を入れるか決めている店の人のクセを読むのが、最も大事です。

人によっては角2よりは角、またはそれを外して角3に入れたりします。

つまり角や角2など期待できるかどうかはそのお店によるという事ですね。