読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パチスロ回胴録

スロットの解析や実践ブログなどを載せております。

【ソウルキャリバー】 初打ちで勝手に言わせてもらえば

勝手に言わせてもらえば

f:id:goldemon5555:20170302194621j:plain

ソウルキャリバーを初打ちした感想は、「ベルをここまで重要視したのはすごい。」です。

 

 

ベルが全て

とにかく全てにおいて、1番重要な小役はベル(払い出しのある小役)なのです。

実際はソウルっていう役ですが、分かりやすくベルって呼びます。

ちなみにレア小役は全部リプレイです。

 

CZに突入する為にベルを引く。

CZクリアする為にベルを引く。

ART中のCZもベルで、上乗せ特化ゾーンもベル!

とにかくベルを引くのが大事なシステム、斬新です。

 

通常時はベルとレア小役が欲しい

通常時は前述の通り、ベルを引くとCZに近づきます。

ARTはCZからの突入がメインなので、CZ突入がこの機種のキモです。

内部的に決められたポイントがあり、払い出しの分だけポイントが加算され、規定ポイントに達したら、CZの抽選をするというシステムなので、ベルが揃うと演出がガンガン起きます。

 

ただし何か起きてる感はすごいですが、ポイントが到達したのか、しそうなのか、はたまた前兆中なのかよく分かりません。

これにレア小役が絡むと、さらにボーナスなのか、高確率に移行したのかという演出も絡み、騒がしすぎます。

で、演出が失敗した途端、シーン。

内部システムを把握してないと???の連続です。

低設定だとこれの連続で気分が萎えます。

 

 

CZはベルとレア小役が大事

CZは3種類あります。

前述の払い出し規定ポイントで入る「ナイトメアバトル」は敵の魂を無くせば成功です。

ここでもベルが大事で、払い出した分だけ敵にダメージを与えます。

魂が3個あり、一個破壊で25%、二個破壊で50%、3個破壊で100%です。

ただベルのみだとかなり無理なので、ここでボーナスを引きたいところです。

レア小役はボーナスの可能性だけでなく、次のベルまでゲーム数が減らずしかもベルをナビってくれるのでかなり重要です。

 

ARTはベルとレア小役が大事

ART「ソウルディメンション」中もベルの払い出しが大事です。

ベルで払い出す度に上部サブ液晶の数字が減算して、0になったらCZの抽選をします。

当選するとCZである敵とのバトルに突入します。

 

このバトルもベルが大事で、ベルかレア小役で攻撃、リプレイで敵の攻撃のよくあるパターンです。

見事、敵のヒットポイントを0にすると上乗せ特化ゾーンに突入します。

倒せなくても時間切れ時にヒットポイントが勝っていると上乗せになるもの嬉しいです。

 

そして上乗せ特化ゾーンでもベルが大事です。

なんと上乗せゲーム数はベルの払い出した枚数に基づくのです!

上乗せはベルを引いたタイミングで液晶にいたキャラクターによるのですが、払い出し枚数×20倍だった時の11枚ベルと5枚ベルの違い、かなりデカイです!

 

このようにとにかくベルが大事なソウルキャリバーですが、ボーナスの払い出しも規定ポイントや減算ポイントに適用されるので、それもプラス要素ですね。

 

ベルじゃなくソウル

こんなにもベル(というか払いだし枚数)が常に大事な台を初めて見ました。

ただ低設定の通常時はむやみやたらに騒がしいだけで何も起きません。

居酒屋の若造の集団のような、煩さと中身の無さです。 

高設定はとにかくボーナスやCZに頻繁にいきますので、そこをを目安に打ってみてください。