パチスロ回胴録

スロットの解析や実践ブログなどを載せております。

評価感想【麻雀格闘倶楽部2】ラ◯嬢か!

KPEの【麻雀格闘倶楽部2】を勝手に言わせてもらえば「通常は前作と同じくせに、ART出なくなったな〜」です。

 

通常は麻雀格闘倶楽部の名に恥じない運、引き次第のシステムは変わらず。

どんなに高い役を張っても上がらなければ無意味。

強レア役をテンパイする前に引いてもツモ運を上げても、テンパイしてからレア役を引けないと当たらない。

それなのに低い役を黄色ツモ運の時にスイカとかであっさり当たる、この感じ。

通常は本当に運否天賦です。

 

ARTの乗せ性能が下がったとしか思えません!

この台は前作も今作もレア役待ちなのに、レア役が重いんですが、前作は弱チェリーや、弱チャンス目でもガンガン乗るので、レア役をさえ引けばどうにかなったのですが、今作は全然ダメです。

麻雀牌を集めて対決するシステムになったのですが、レア役を引かなくても麻雀牌が集まるので、それでレア役の価値が下がってるのかもしれません。

 

あと、こっそり成立する隠れボーナスがいりませんでした。

これを引かないとコインが増えない!

これを合わせた純増やコイン持ちか!?ってくらい引かないとキツいです。

しかもこのボーナス中はチェリーが出やすくなるんですけど、チェリーもこれを合わせた確率か!?ってくらい出ません。

このボーナス中を通常とみなすから、なんかなー?感が打ってると出ます。

 

あと演出が女流雀士推しになってしまいました。

前作はこういうのもあるよっていうアクセントだったので個人的には良かったのですが、前面に押し出されるとぐったりしちゃいます。

ARTになぜかデート演出があり、それが明らかにラ◯嬢をパクってるのもなんかなーです。

そこを完全にパクる必要あったかな?と。

参考にして麻雀に関するオリジナル要素を入れても良かったと思うのですが…。

 

まとめとして前作とほぼ同じですが、出玉性能というか伸ばせる窓口が狭くなった気がします。

前作もそうでしたが、通常時のいつ当たるかわからない感じはそのままで、例え満貫上がりの40Gスタートでもレア小役さえ引けばなんとかなる前作の感じがしないのが、とても勿体無い台でした。

それにしても最近の女流雀士はみなさんキレイですね。