パチスロ回胴録

スロットの解析や実践ブログなどを載せております。

感想評価【鬼浜爆走愚連隊 愛情恋歌編】使い回しが…。

ベルコの新台【鬼浜爆走愚連隊 愛情恋歌編】を初打ちして、勝手に言わせてもらえば「CZ主体になってART突入時の上乗せ特化ゾーンは面白いけど、演出の使い回しが多すぎる。」です。

 

通常時は新しいステージの鬼浜電鉄と鬼川河川敷がありますが、これ作るくらいなら前作の喫茶店と学校の屋上で新しい演出を足したらいいんじゃないかなって感じです。

新しいのは連続演出くらいで、ほとんど前作の演出そのまんまです。

とにかくCZ突入を目指して、レア役待ちです。

 

レア役を引かなくてもCZに入る「赤テープモード」もあるみたいですが、基本はレア役かボーナス待ちです。

あと左下の愛ポイントが満タンになると、50%でCZです。

通常はそこそこCZやボーナスが来るので、退屈ってほどではないですが、ガセ前兆や煽りも過剰です。

 

CZは4種類あり、上から70%、決闘50%、愛一文字CZ35%、愛の師弟CZ20%と期待度が異なります。

おそらく突入率に設定差はないみたいです。

1番下のノブオのCZ、無理なんじゃないかってくらいクリアしません。

選ばれた時、モンキーターン3の洞口CZすら太刀打ち出来ない絶望感。

じゃあ他のCZはというと、私の実戦では決闘の50%は3回スルー、愛一文字の35%は4回中1回成功と、私がやれてないだけなのか、スルーしまくりです。

どれでも期待度は一緒で自分で選べるガルパンシステムだった方が精神衛生的には良いです。

 

ARTは最初に上乗せ特化ゾーンである「鬼カードチャレンジ」から始まります。

カードが3枚あってナビの第1停止ボタンに対応したカードの内容が手に入ります。

これがガチ感があってかなり燃えますが、最初以外はなかなか入りません。

最初にやれないとかなりきついARTです。

駆け抜けが多すぎます。

鬼バーを揃えると状態がアップしたりするのですが滅多にこないし、レア小役も空気です。

低設定だったからと思いたいのですが、なかなか伸びないあの感じは、新基準って感じです。

 

ネットの評価は

【低評価】

演出が使い回し。

ARTが退屈。

CZのノブオが無理ゲー。

【高評価】

枚数管理だから純増2枚でも良い。

鬼カードが楽しすぎる。

などです。

 

CZはそこそこ入りますし、ボーナスもバジリスク3より当たりますので、通常時がそこまで退屈じゃないですが、ノブオのCZは絶望すぎます。

ARTは最初は燃えるんですが、ART中がどうやったら上乗せするのかわかりません。

分かるまでは打ちたいと思います。

とにかく演出が使い回しじゃなかったら絶対に人気が出たと思うんですが、ほんと勿体無い機種です。