パチスロ回胴録

スロットの解析や実践ブログなどを載せております。

感想評価【攻殻機動隊2nd】思い入れが無いと…。

攻殻機動隊2nd】を初打ちして勝手に言わせてもらえば、「特に目新しいシステムはないけれども完成度は高いが、ART中の赤擬似で何も無しはつらい。」です。

 

通常時はレア小役でボーナスかCZの抽選をします。

CZは2種類あり、高確率とエピソード高確率があります。

どちらも全役で抽選していて、成功で高確率ならART突入、エピソード高確率なら個別の11人モードが付いて来ます。

 

ARTも基本的にレア小役待ちです。

個別の11人モードは前作の研究棟ステージのような、15ゲーム固定の上乗せ特化ゾーン高確率です。

白7を揃えられれば上乗せ特化ゾーン「電脳ラッシュ」に入ります。

 

電脳ラッシュは継続率タイプで、タチコマが増えるとその分継続するチャンスが増えます。

この電脳ラッシュで伸ばせれば、攻殻機動隊は、何とかなる感じです。

3ゲームでタチコマの継続率を上げるシステムは面白いと思いました。

私は2セット目の継続率70%で終わりましたが。

 

ネットの評価は

【低評価】

コイン持ちが悪い。

出玉がダラダラ。

CZが重い。

強チェリーで擬似連赤まで行って何も無し。(私も体感しちゃいました。)

 

 【高評価】

 電脳ラッシュは楽しい。

A+ARTになって前作よりは遊べるようになった。

といった感じです。

 

定番のA+ARTタイプなので、分かりやすいと言う安心感はありますが、悪く言えばありきたりです。(最近のサミーの悪いとこです。)

原作好きな人なら、まったり遊べるので良いかもしれません!