パチスロ回胴録

スロットの解析や実践ブログなどを載せております。

感想評価【パチスロ逆転裁判】わかりやすいけど、逆転裁判らしさは何もないね!

パチスロ逆転裁判】を初打ちして、勝手に言わせてもらえば「システムは分かりやすく、原作をしっかりと使っていて良いけど、逆転裁判である必要は無い」です。

 

通常は周期抽選で、40Gの間に123ポイントを小役の払い出し分減らしていくシステムです。

MBは14枚取れて、レア小役の払い出しも大きいので引き損感はありません。

 

CZは20G固定で全訳でARTの抽選をしてます。

レア小役を引くと大チャンスなようです。

20Gは逆転裁判のストーリーが展開していろんなパターンがあるみたいです。

原作ファン納得の出来です。

 

ARTは純増2枚で、ゲーム数不定のセット継続タイプです。

ベルで相手のポイントを減らし、リプレイで味方のポイントが減るタイプです。

正直ここの演出がかなり微妙です。

ほとんどの演出が同じなので、飽きて来るんですよね。

 

ただリプレイ連で無敵になれる抽選をしてるのと、レア小役なのに押し順を出すのは好感が持てました。

また最後の一撃を残りポイント1で粘り、ゼロになっても5ゲーム間の引き戻しゾーンがあるので、他の機種のようなあっさり終わり感はありません。

 

ネットの評価は

【低評価】

単発が多すぎる。

バトルの演出が雑。

リプレイ確率高すぎ!

【高評価】

当たりは軽い。

コイン持ちが良い。

ベルで必ず攻撃する。

です。

 

演出は素晴らしいくらい原作に忠実です!

原作をやってないとなんでこれで解決になるか分かりませんが。

あと死んだはずの千尋がなぜ法廷に?と思うかもしれません。

とにかく原作をやらないといけない台です!

でも先にスロットをやると1と2のネタバレをしちゃってるので楽しみが減るうーん台です。

 

ただシステムなどは逆転裁判である必要はあまりないかもしれません。

ただのベルとリプレイの引きゲームなので。

せめてARTのバトルはアイテムを選んで異議ありできる逆転裁判らしいシステムだったらもっと面白かったと思います。