パチスロ回胴録

スロットの解析や実践ブログなどを載せております。

感想評価【テイルズ オブ シンフォニア】CZで天井クリアー

北電子の【テイルズ オブ シンフォニア】を初打ちして、勝手に言わせてもらえば、「原作を元にした演出は秀逸だが、過剰。そして重いボーナスと重いCZをモノにできないとARTが遠すぎ!」です。

 

よくあるA+ARTのパチスロです。

ボーナスが約1/500と重い分、ARTやCZの期待度は高い機種です。

またCZが始めの10GでARTの初期ゲーム数を決めてから、当否の抽選を行うタイプなので乗せたゲーム数によって熱くなれるシステムです。

 

このCZの当否の抽選は、通常リプレイを4連続で引くと負けというSTタイプです。

敵は複数いて、キャラによって体力が違うタイプです。

これはART中のストック抽選でも使われるシステムです。

 

しかしこのCZが曲者で、なんと天井までのゲーム数をクリアするのです!
CZでデータランプは上がらないので、天井狙いする時は液晶のゲーム数を確認しなければいけません。

 

またこの台は、演出が原作に忠実に出来ているのでファンには嬉しいのですが、演出バランスがかなり大味です。

とにかく過剰で、他の機種でレア小役対応演出のような派手な演出をハズレでもバンバン出してきます。

何か起きてる感が永遠に続き、ようやくレア小役を引いたら赤セリフもガンガン出ますが、何も当選してないのは当たり前です。

そういう演出バランスと思って打たないと、心をやられる台です。

 

ネット上の評価は

【低評価】

CZで天井リセット。

演出が無駄に派手。

赤セリフでも何も当たってない。

ボーナス当否が中押しですぐ見抜ける。

【高評価】

CZ経由のARTが3桁が結構ある。

 

といった感じです。

 

CZでの天井ゲーム数リセットはかなりのマイナスですね。

それなのにCZもボーナスも重いのに、ARTは継続タイプではないので、楽勝で駆け抜けます。

それでいて演出バランスも悪いとなると、原作のファン以外にはなかなか打ちづらい台と言えます。