読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パチスロ回胴録

スロットの解析や実践ブログなどを載せております。

モード狙いは諸刃【キン肉マン 夢の超人タッグ編】

キン肉マンが好きなのでよく打つのですが、低設定しかないのでいつも苦労してます。

 

巷に溢れてるキン肉マンは全て、高層ビルデータ履歴からの即ヤメ台か、400G超えの台にばかりです。

400Gと800Gが特殊高確突入確定なので、そこ狙いのハイエナの餌食になってます。

 

ここで新たな立ち回りとして、高モード狙いを探ってみました。

 

キン肉マンにはモードが4種類あり、上位の高モードだとCZや直当たりの確率が高くなり、前述の特殊高確に100Gや200Gでも行きやすく、さらには当たった時のARTも高モードを選びやすいといい事ずくめです。

 

そんな高モードの見抜き方は、2000万パワーズステージでのヘルミッショネルズ演出の頻度です。

十字架のマークが顔にある被り物をした二人組が、テレビや本に載ってると高モードかもしれません。

テレビはそうでもありませんが、委員長演出の本に載ってると、かなり期待できます。

ちなみに特殊高確に行きやすいのが高モードですが、300Gや700Gで特殊高確に行くと、高モード確定です。

 

私はこれらを目安に即ヤメ台を漁っていました。

すると「本に載ってる演出」が二回出た上に、2000万パワーズ以外のステージでもテレビからヘルミッショネルズが出現しました。

本は最高モードでも出現率は1/500なので、かなり期待できますし、2000万パワーズ以外での出現は初めてみました。

さらに100Gと200Gで特殊高確に入ったので、これは!と確信して打ち続けました。

 

確かに高モードらしくCZには入る。

でもCZが成功しねー!

明らかにレア小役の出現率が悪い!

表で見ると設定が良いほどレア小役の出現率は高くなるんですが、微々たる違いです。

その設定1を下回る出現率に苦しめられました。

 

結局、800のゾーンまで連れていかれた挙句の

ようやく当たったARTは単発。

たしかにARTの継続バトルで味方側の攻撃が二回あったのでモードは良かったのかもしれませんが、結局バトルでタッグ図柄を止められないと負けます。

 

高モード狙いは結局、設定が大事だと痛感しました。

 

キン肉マン 夢の超人タッグ編】

投資 22000円

回収 150枚

−19000円